MENU

デリケートゾーンの臭いの原因は雑菌!対策はどうする?

デリケートゾーンの臭いの原因は雑菌です。
雑菌の栄養は、経血、尿、汗、垢などですが、生理中に臭いが気になるというのは納得です。
また、普段のおりものも絶好のエサになっています。

 

デリケートゾーンの汗は、ワキガの原因となるアポクリン汗腺によるものです。
ですから、ワキガの方はデリケートゾーンの臭い(すそがとも言う)が強い方が多いとも言われています。
これは、雑菌が好むアポクリン汗腺からの脂肪分の多い汗が原因だからです。

 

ですから、一応デリケートゾーンの臭いは、下着にこのようなものを放置しないことで、ケアすることができます。
生理時のナプキンはすぐに取り替える、排泄後は必ずキレイにする、多湿環境にならないよう通気性の良い下着を身に付けることです。

 

そして、お風呂での手入れとして、ゴシゴシ洗うのはかえって匂いを増長させます。
刺激性の弱い石鹸やボディソープを使って、膣の中まで洗わないことです。
優しく撫でるように洗って、においがないことを確認してください。

 

この時、優しく洗ってもにおいが取れない、もっとひどくなってしまう、おりものが急に増えたりした場合は、病気などを疑ってください。
においがあるから即病気ではなく、デリケートゾーンに刺激を与えないことで、匂いがきつくなる場合は、ケアだけの問題ではないことが考えられます。
デリケートゾーンのケアをするならこちらアソコのにおい
自宅でできる臭い対策として、デリケートゾーン専用石鹸で洗うこと、ワキガの方は、特にそのようなものを使って、ケアをしてみてください。